バルデナフィル20mgによる効果効能

レビトラはドイツの製薬メーカーから発売されている内服タイプのED治療薬です。
EDは日本語では勃起不全と訳されており、性交を行うのに十分な勃起が得られなかったり、いったん勃起してもすぐに萎えてしまったりする状態を指します。
レビトラの効果効能はこうした状態を解消するものです。
日本では2004年に厚生労働省の承認を受け、同年から販売がはじまっています。

レビトラは錠剤になっており、20mg、10mg、5mgの3種類があります。
この数値は主要成分であるバルデナフィルの含有量を示しています。
すなわちレビトラ20mg錠にはバルデナフィル20mgが配合されているということになります。
適量は症状の程度によって決まるので、使用時は医師の指示に従う必要があります。

バルデナフィルはPDE-5阻害薬と呼ばれる薬の一種です。
通常、勃起は陰茎海綿体にある平滑筋を弛緩させる作用を持つcGMPと、逆に平滑筋を収縮させる作用を持つPDE-5という2つの体内物質の働きのバランスによって発現したり治まったりします。
バルデナフィルはこのうちPDE-5の活動を阻害し、血管を拡張して海綿体への血液の流入量を増やすことによって、勃起を促します。
ただしいわゆる興奮剤として作用するわけではないので、勃起のきっかけとなる何らかの性的刺激がない状態では発現しません。

レビトラを使用するときは、性交の約1時間前に服用するのが良いとされています。
食事による効果への影響は少ない方ですが、傾向としては空腹時の方が効果の発現が早く、服用後20分ほどであらわれはじめます。
効果の持続時間は20mg錠の場合で最大10時間程度です。
なお、次の服用までは24時間以上間隔をあける必要があります。

参考サイト
バイアグラ通販(個人輸入)
シアリス