レビトラで勃起する原因と血尿の可能性

勃起不全に対して劇的な効果を発揮するということで、バイアグラをはじめとしてED治療薬は男性から絶対的な支持を集めています。レビトラは、バイアグラに次いで誕生したED治療薬で、食事による影響を受けにくいということを特徴としています。具体的には、総エネルギーに占める脂質の割合が30パーセント以内であれば大丈夫としています。これは、一般的な食事であれば、ほぼ問題なくクリアできる設定となっています。

レビトラは、勃起不全の原因となっている酵素の活性を阻害するという作用を持つ治療薬です。これにより、男性性器周辺の血管が拡張することになり血流量が増加し、勃起が可能となります。ただし、性欲を活性化させたり精力を増強する様な効果はありません。この為に、勃起するためには性的な刺激が必要であり、通常よりも性行為の回数を増やす事は出来ますが、その分体力は消耗してしまいます。

しかし、レビトラの場合は食事による栄養補給が可能ということで、身体への負担への対策をとれるということがバイアグラとの違いです。体力が消耗している状態で激しい運動を繰り返すと血尿が出ることがありますが、レビトラを服用して性行為を繰り返したとしてもこの様な状態が発生することはほぼありません。

ただし、誰でも服用できるというわけではなく、かなりの低血圧や高血圧の人は禁止されています。これは、血流量が増加することにより、血圧が急激に変化してしまう可能性があるので、低血圧や高血圧の場合は身体が付いて行かなくなる危険があるからです。また、心臓や肝臓に問題がある人も使用することは出来ません。効果が高い半面、用量と用法をきちんと認識した上で使用することが求められています。