レビトラによる化学的な体内反応

ED治療薬も色々あるわけでありますが、バイアグラやレビトラと言った有名なED治療薬には、どのような作用があるのかが気になる点があります。
飲めば、EDが治るというわけではありません。
一般的にこのような薬は、血管を広げると言う薬で血流を良くする効果があります。
それも一時的な時間だけであり、時間が経てば効果が薄れてきます。
また服用の感覚は24時間あけなければいけません。
このようにED治療薬はこのような効果があるということで、ED治療薬として使われています。
バイアグラもレビトラも同じような働きでありますが、そんな中でもレビトラによる化学的な体内反応とはどのようなものなのかを説明します。
レビトラはバイアグラと違ってキレが良いということで人気のある薬であります。
またED治療薬の特徴として食事の量によって左右されます。
バイアグラの場合、満腹状態で服用すると効果が発揮しないといいます。
しかしレビトラの場合は、食事の量には左右されず効果が発揮すると言われています。
効果が発揮したら、勃起を妨げる酵素の働きを化学的に阻害する作用があり、勃起を保たせる効果があります。
これらが体内に反応しており、EDを一時的に治療することになっております。