持続勃起症(プリアピズム)とは

持続勃起症(プリアピズム)とは男性特有の病気で、勃起が4時間以上継続している状態の事です。
持続勃起症(プリアピズム)の原因は陰茎内の血液の循環が悪くなっていているからです。
放っておけば治る時と治らない時があります。
もし治らないまま放っておけば、陰茎内の血液の循環がさらに悪くなり、次第に弱まっていき最後は止まります。
止まったまま6時間たつと組織が壊死し始めます。
そして器質性勃起障害を発症します。
持続勃起症(プリアピズム)は2種類あり、治療方法もその2種類によって違います。
1つは虚血性プリアピズムといって、陰茎内の血液の循環が悪くなり、痛みを感じます。
もう1つは非虚血性プリアピズムといって、動脈から陰茎へ流れてくる血液の量が多すぎるのですが、血液の循環は問題なく行われているので痛みを感じる事はないです。
虚血性プリアピズムの治療方法は、陰茎に直接針を刺して血液を吸引したり、血流を少なくするための薬を服用します。
それ以外の治療方法がなく針を刺しても治らない時は、緊急手術が必要となります。
非虚血性プリアピズムの治療方法は、日数をおけば治る事がほとんどなので、手術といった大掛かりな治療はないです。
持続勃起症(プリアピズム)は泌尿器科で診察できます。