PDE-5阻害薬は副作用にご用心

男性がEDという勃起不全に陥ってしまった場合、専門の病院に行って治療を行う必要があります。
勃起不全の治療には、基本的に薬の服用による治療が中心です。
治療に使われる薬として、PDE5阻害薬というものに分類される薬を用います。
この薬は、陰茎動脈から海綿体へ血液が流れ込み、勃起を起こすことを助けてくれる効果があると言われています。
PDE5阻害薬は、あくまで勃起の手助けを行ってくれるものです。
そのため、性交渉時に性的な興奮が高まってきたら服用する事で勃起を促してくれます。

医師から処方されるPDE5阻害薬には、主に3種類あります。
どの薬も勃起不全に効果がある薬ですが、違いは薬の持続時間にあります。
持続時間が4時間のものもあれば、36時間以上持続するものもあります。
薬の選択は、患者さんの希望を聞いて処方してくれる病院もあります。
但し、PDE5阻害薬は副作用にご用心です。
基本的に副作用は少なく、ほとんど症状が表れないとも言われています。
しかし、まれに頭痛や消化不良などの症状を引き起こすことが報告されています。
またED治療薬の多くは、薬の服用によって心臓に負担がかかりやすくなりますので、高血圧の人への服用は避けられています。